不妊の検査ってどういう方法があるの?

不妊の検査ってどういう方法があるの?
Line

不妊の検査ってどういう方法があるの?

不妊の原因は病気、体質、年齢様々あります。

不妊を解消するためには、まず何が原因かを知らなければいけません。

そのために産婦人科で検査を受けることが大事なんですね。

この不妊の検査も種類がたくさんあります。

まず月経周期3日目くらいで血中のホルモンを検査する「ホルモン検査」があります。

ホルモンの基礎値は異常だと排卵障害や卵巣の異常の可能性があります。

次に子宮内をレントゲン撮影する「子宮卵管造影検査」があります。

この検査により子宮内腔や卵管の状態に異常があるかわかります。

次に「超音波検査」ですが、腹部に超音波を当てることで子宮の形に異常がないか、子宮内に異物があるかどうか判別することができます。

妊娠しているか判断する時も超音波検査が用いられることが多いです。

また不妊検査は女性だけではありません。

男性の精子に異常がないか検査する「精液検査」があります。

このように検査によってあらゆる角度から原因を判明させて、治療を行うことで不妊を改善させることができます。
Line